アメリカ人だからって「自由」を謳歌している訳じゃないらしい

外国人の友達が欲しい

どうも!「自由に生きたい」と願ってやまない、Yukaです。

 

ところで、アメリカ人って、「自由の国」というくらいなので、個人を大切にするし、みな自分の考えをしっかり持って自由に生きている人達が多い国だと思いませんか?

国際交流イベントなどで出会うアメリカ人はみな、明るくて、自分の意見をはっきり言うタイプの人が多い気がします。独特な陽気さと自由さが他の国の人とはちょっと違って最近は、「あ、この人アメリカ人だろうな」って、なんとなくわかるようになりました(笑)

 

明るい国民性であることは明らかなのですが、今日、英会話サークルに来たアメリカ人と話していて、一見自由に見えるアメリカ人もそれぞれの心の中をのぞけば、「すべてが自由ではない」ということがなんとなくわかりました。

人間にはやっぱりそれぞれのコミュニティがあって、そのコミュニティに自分を合わせていかなければならないという側面はあるんだなということが実感できました。

 

「自由を手に入れる」ってのは本当に難しい
私は、実は5年前に会社を辞めて、現在はフリーランスとして働いています。その子も1年間務めた日本の英会話スクールを辞めて、アジアをバックパッカーとして周るという話から、以下のような会話が繰り広げられました。
アメリカ人
アメリカ人

Yukaはなぜ会社を辞めたの?

Yuka
Yuka

んー、残業を断れない空気があったからかな。みんなが頑張って仕事しているのに、自分だけ早く帰るってのはなかなかできなくて、意に反した残業が毎日…それが、嫌だったからかな。YOU(アメリカ人の男の子)は、なぜ辞めるの?

アメリカ人
アメリカ人
毎日ルーティンが繰り返される仕事が楽しくなくなったからだよ。もっと自分のキャリアアップを考えたいと思ったから。
・・・・てか、なんで残業断れないの⁉
Yuka
Yuka
日本の社会では、周りが残業していたらなかなか断れないんだよ。自分だけ違うことがしにくいの。日本って、どうしても「個人」よりも「集団」が優先される社会だから。それがすごく窮屈だから私は日本社会を飛び出したいと思っているし、だから今英語を勉強しているんだよ。
アメリカ人
アメリカ人

そうなんだ、確かにアメリカはまずは「自分がどうしたいか」ということを大事にするよね。仕事も会社のためというよりは、みんな自分のために働くかもしれない。

Yuka
Yuka

アメリカは自由でいいね。

アメリカ人
アメリカ人

・・・それは、ちょっと違うないかもしれない。僕自身はアメリカにいた時に「自由」を感じていたかというと、そうでもないよ。やっぱりアメリカにはアメリカなりの社会があるし、そこで生きているからには、その社会の大きな流れに乗らないといけない部分はある。それが窮屈に感じたからもっと広い世界を見てみたくて、僕も海外で仕事がしたいと思ったんだけど。

アメリカ人
アメリカ人

だから、アメリカに行ったからといって自由が手に入るという単純なことはないと思うよ。

 

なるほど、「自由を手に入れる」って本当に難しいことなんですね。

人間は「社会的動物である」というけど、やっぱりそうなのか。

人間が個人として存在していても,その個人が唯一的に存在し,生活しているのではなく,絶えず他者との関係において存在している。つまり個人が社会のうちにおいて生活し生存しているのであって,社会なくしては個人が存在しないことを意味する言葉。元来アリストテレスのゾーオン・ポリティコン (ポリス的動物) に示されているように,人間は社会の子であり,人間がポリス的形成者としてとらえられることを意味する。

 

でもやっぱり「個人」が優先されるべき
どこに行っても「社会」というものが形成されるのは当たり前で、いやがおうでもそこに所属してしまう・・・・それが人間。このことはすごくよくわかるのですが、

社会を形成しているのは個人です。社会はあくまでも個人を基礎として成り立っているものなので、その個人が無視されるシーンに出くわすと、人は「不自由」を感じるんだと思います…

単なるバーでのアメリカ人との会話で、何、社会学者的なことを語っているんだ…と思いますが、外の人の目線をもらうと、改めて自分の考えを整理するいい機会になります。

 

きっと、日本人はいい子ちゃん気質が大きすぎて、個人が大事にされない場面があっても、アメリカ人ほど「こんなシチュエーション苦しいんですけど!」って叫べない。それだけのことなんだろうな、と思いました。

 

アメリカ人
アメリカ人

まあ、いいじゃん。今はフリーランスなんだから、厳しいボスもいないんでしょ。なんでも自分の責任なんだから、嫌なことは嫌っていえばいいんじゃない?

 

確かに。確かにそうです。

 

私が外国人と話したい理由、やっぱりいつも立ち返ることは、「なぜ外国人の友達が欲しいの?このブログを作った理由」にも書いた通り、

 

外国人の友達を作ると、そんな日本的な価値観にしばられていたガチガチの自分に気づかされることがあり、少し心を自由にすることができる。

 

これに尽きるんじゃないかと改めて感じました。

 

また、英会話サークルなどで外国人と話して気づきがあったら、ここに書いていきたいと思います。
ではでは。。。

コメント