コロナ禍で需要拡大!パスポートいらずの「オンライン留学」がアツい!

えいご学習

語学留学を考えていたけれど、新型コロナウィルスの世界的流行により、渡航禁止で留学を断念した人も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのは各国でサービスが拡大中の「オンライン留学」です。これまでは渡航しなければ受けられなかったプログラムがコロナを機にオンラインでも受講できるように切り替わり、海外に渡航せずとも格安で語学留学が可能になっています。

海外での生活費や航空券、ビザの手配などが一切不要の「オンライン留学」。どんな人に向いていてどんなメリットがあるのかご紹介します。

オンライン留学とは?

オンライン留学とは日本に居ながら、海外現地校の語学授業を受けることができるプログラムです。以前からあったオンライン英会話のマンツーマンレッスンとは違い、実際に現地の語学学校や大学が提供している授業を現地の学校の先生から受けることができるのが特徴です。

授業は各国から集まった生徒達とオンラインで同時に受けることができるので、国際的な雰囲気も体感できますし、クラスメイトと共に学校が主催するオンライン放課後アクティビティなども参加することが可能です。日本に居ながら現地の空気を感じることも可能なプログラムとなっています。

オンライン留学はメリットの宝庫

費用を抑えられる

語学留学をするにあたって最大のネックになるのが「費用」の問題だと思いますが、オンライン留学であれば、必要なのは授業料だけ。現地への渡航費、生活代などが一切かからないので費用を大幅に抑えることができます。

留学をしたことがある人はわかると思いますが、ホームステイ代や海外旅行保険料など現地での滞在費は予想以上に膨大。フィリピン留学だと一般的に1か月の滞在費は20万円、欧米だと40万円ほどが必要です。

その他にも、ビザの手続きや現地での口座開設、携帯契約などの煩雑な手続きもオンライン留学であれば必要ないのもメリットです。

現地の先生の質の高い授業を受けられる

現地語学学校や大学付属の英語プログラムは、厳しい採用試験を受けてから講師をしている先生も多く、授業内容が充実しています。文法やリスニングの授業だけでなく、ワークショップやプレゼンなど生徒に課されるタスクも様々。日本の英会話スクールとは一味違った授業を受けることができます。

また、同時に授業を受ける仲間は日本人だけでなく、世界各国から集まる生徒達というのも大きな特徴。日本語が一切通じない環境で切磋琢磨することで語学スキルの上達も早くなります。

休学や仕事を辞めることなく留学できる

例えばハワイ大学マノア校のオンライン留学の場合、日本時間の午前6時~午後12時までの間に授業が組み込まれていることが多いので、比較的時間の調整もしやすいです。

上手にカリキュラムを組めば、仕事が始まる前や後で授業を入れ込むことも可能です。仕事をしながら、”駅前留学”ではなく、本当の留学ができる時代が来たのは嬉しい限りです。

また2週間、4週間といった短期集中で授業が組まれていることが多いので、大学の授業や部活動、会社で有給がそれほど多く取れないなど、忙しい方にも参加しやすいものになっています。

おすすめオンライン留学先

ハワイ大学マノアHELP開講のオンライン英語コース

ハワイ大学マノア校の付属英語プログラム「HELP」(Hawaii English Language Program)がオンラインで授業を開校しています。

ハワイ大学マノアHELP開ハワイコミュニティカレッジ開講のオンライン英語コース講のオンライン英語コース

なんとハワイ大学ハワイコミュニティカレッジは、留学渡航前の学生や、夏休みの期間に英語学習をしたい学生に向けたオンライン英語プログラムを開講しています。

オレゴン大学オンライン体験プログラム

ライブで講師や他の英語ネイティブスピーカーと対面できるほか、「Intercultural Communication」「Global Sustainability」どちらかのテーマを、ご自身の興味・関心に合わせて選択することができます。イブ授業とは別に自学習として、1日あたりおよそ2~4時間の学習が設定されているため、短期間で英語力を伸ばしたい方上記テーマについて知識を深めたい方におすすめのプログラムです。

おわりに

コロナ禍で広がりを見せているオンライン留学についてご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

コロナの影響による渡航制限だけでなく、費用面や日程などの都合で語学留学をあきらめていた方にもオンライン留学は嬉しいポイントが目白押しなのではないでしょうか。インターネット環境さえあれば自宅から一気に海外留学気分を味わうことができます。

各国の学校がオンラインプログラムの拡充が進んでいるので、ぜひ気になる国の気になる学校の情報を調べてみてください。日本の大学との単位互換が可能な現地大学や、受講することで英語教育の資格を取得できる講座などもあります。

自粛ムードが続いている今だからこそ、自宅からスキルアップを狙ってみてはいかがでしょうか。

コメント